トップへ戻る

クリアクリーンホワイトニングは研磨剤が入っているので要注意!

クリアクリーンホワイトニングは研磨剤が入っているので要注意!

クリアクリーンホワイトニングを使っている人は注意してください!
クリアクリーンホワイトニングは、研磨剤が入っているため、長期間使用していると歯が削れます!

 

研磨剤とは?
研磨剤とは、歯の表面を削ることで汚れを落とす成分です。多くの歯磨き粉には「清掃剤」などと記載されていることが多いです。

 

 

クリアクリーンホワイトニングは、他のホワイトニング歯磨き粉よりも圧倒的に値段が安い(約300円)です。
そのため、費用をおさえてホワイトニングしたい人がおもわず購入してしまいがちですが、さきほど申し上げたとおり、研磨剤が入っているため、歯が削れてしまいます。

 

ホワイトニング歯磨き粉を選ぶ時は、研磨剤を使っていないものを選ぼう!

 

研磨剤で削ると黄ばみやすくなる

研磨剤で歯を削ると、歯が白くなると思っている人がいます。確かに歯は白くなります。
しかし、それはあくまでも一時的なことです。

 

実は削れた歯は余計に黄ばみやすい状態になっています。
そのため、一時的に白くなっても、すぐに黄ばんでしまい効果が持続しません。

 

あなたは一時的に歯を白くしたいのでしょうか?
ずーっと白い歯でキレイでありたいと思っているはずです。

 

歯をけずると、黄ばみやすくなる。

 

研磨剤が入っていない歯磨き粉は!?

研磨剤が入っていない歯磨き粉で、私がオススメしているのは「はははのは」です。
「はははのは」は、パパインやココナッツオイルといった天然成分の力で歯のステインを落とすため、歯をけずることなくホワイトニングすることが出来ます。

 

 

値段は2,980円と、クリアクリーンホワイトニングよりもかなり高いのですが、歯は一生モノで生きている限りずっと使うものです。
一生使う歯をキレイに保つためにも、研磨剤が入っていない歯磨き粉でホワイトニングをするようにしてください。

 

他にもオススメのホワイトニング歯磨き粉はこちらの記事で紹介しています。

 

【2018年版】ホワイトニングジェルランキング

関連ページ

デンタルリンスで歯が茶色くなる??
デンタルリンスの使い方を間違えると歯の黄ばみの原因になります。30代男性の例にして、デンタルリンスの間違った使い方とその後の対応方法を解説します。